ラーメン業界のM&Aの現況

ラーメン市場は6000億円と言われており、外食産業全体の売上は減少しているなかラーメン業界の売上は年々増加しています。
店舗数でいうとラーメン店は全国に約35000店舗あると言われており、毎年3000店舗は新規参入しています。
これだけ見ると参入しやすい業界と思われますが、新規参入と同数の店舗が廃業しているという現状もあります。
業種にもよりますが、ハンバーガーや餃子に関しては大手チェーン店のシェアが90%を超えており個人で営業している会社は圧倒的に少数派といえます。
 
一方ラーメン店に関して言うと、チェーン店の割合は約30%と言われており個人経営が70%を占めます。
ラーメン店は独立を含めた出店希望者が多く、強い需要があります。業態の特性から飲食店の中でも比較的売りやすい業態と言えます。
 
しかし、このように期待値は高くても不動産の家主はラーメン屋への制限を設けている場合もあります。
というのは、ラーメン屋は油やにおいなど、建物への負担や近隣住民からの不満があるからです。
 
ただし、ラーメン屋を保有している会社であれば、すでにある店舗をそのまま運営できるため、場合によっては想定外の高値でラーメン屋を売却できる可能性もあります。