カフェ業界のM&Aの現況

カフェ市場の規模は、ここ数年1兆前後で推移しているが、外資系を含めたセルフ式コーヒーチェーンの進化や、コンビニのカフェ展開などコーヒー市場のすそ野が大きく広がっている。
 
また、カフェは軽飲食にあたるため、電気・ガス・水道といったインフラには、そこまでの容量を求められていませんが、出店に際してカフェ特有の機器が必要となるので、例えばエスプレッソマシンやグラインダーといった機器を所有し、それらがしっかりと整備されている場合は高評価へ繋がるようです。
 
また、カフェ営業において大切にされているのが内装造作です。
内装が気に入られて売却が成功するケースもあります。